観光案内

  • TOP
  • 観光案内
国宝姫路城

国宝姫路城

国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となりました。
シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城。白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴です。
今、私たちが目にしている姫路城の大天守は、慶長14(1609)年に建築されたもの。400年以上が経過した現在でも、その美しい姿を残しています。

書写山・圓教寺(円教寺)

書写山・圓教寺(円教寺)

圓教寺(円教寺)は、兵庫県姫路市の書写山(しょしゃざん)に位置する寺院で、天台宗の別格本山です。
西国三十三所の寺院のうち最大規模の寺院で、「西の比叡山」と呼ばれるほど寺格は高く、中世には比叡山・大山とともに天台宗の三大道場と称されたことも。京都から遠い土地にありながら、皇族や貴族の信仰も篤く、訪れる天皇・法皇も多かったと言われています。

 

※すし一でのお食事はカードのご利用も可能です

お座敷は複数有り、当日予約が可能な場合もあります。

まずは、御電話を。

電話予約

 

ネット予約

観光シーズンは公営駐車場より「民間の駐車場」の方がスムーズに駐車出来る場合が多いです。

駐車場

姫路ループバスを使えば色々と便利です。

ループバスループバス2