ご予約・お問い合わせ

TEL 079-222-6961電話

穴子に関する豆知識。なぜ姫路あなご?

なぜ姫路は穴子が名物なの?

瀬戸内海に面した姫路は、昔 やまほど穴子が捕れました。
海で五目釣りをして穴子が出たら外れと思うぐらいに、とてつもなく捕れました。

たくさん捕れるので姫路の郷土食材の一つとして
「姫路名物は穴子」なのです。

「ところが!」近年状況は大いに変化しました。

乱獲と海岸の整備等(砂浜が埋め立て等)により瀬戸内海の天然穴子は激減しています。
絶滅ほどではないのですが減っているのです。

すると漁師が大喜びするほど高価な食材になりました。
瀬戸内海の天然穴子は一般的に使用されている外国産穴子の5倍~10倍ぐらい高価な食材になりました。

なぜ姫路すし一は瀬戸内海の天然穴子を使用するのか?
理由は、「美味しいから」。
と地元郷土食材を地産地消したいからです。

穴子のあて

もう一つ「大きな理由」もあります。

それは、外国産穴子の生息環境です。
外国の場所によっては、下水処理が不十分で日本にない雑菌など必要以上に汚れている海域があります。

「食の安全」を求めるからこそ、瀬戸内海の天然穴子なのです。

姫路市でこだわりの穴子のお寿司を味わいたいなら、是非すし一へお越し下さい。
姫路では珍しく「蒸し穴子」の「瀬戸内海天然アナゴ」ご堪能頂けます。
※姫路では焼き穴子が多数派です。


それでは瀬戸内海の天然穴子に、こだわっている「すし一」から、穴子に関する豆知識をご紹介します。

 

関東と関西では開く箇所が違う!?

国産穴子

一説には、穴子はお腹にたっぷり乗っている脂を逃がさないように背開きが良いとされています。しかし、穴子のさばき方は地域によって異なる事をご存知でしょうか?

関東地方では背中から開くのに対し、関西地方ではお腹から開くのです。これには、きちんとした理由があります。武士の町として栄えていた江戸では「腹を切る=切腹」をイメージさせるため、縁起が悪いという事で背中から開かれるようになったと言われています。

一方、商人の町として栄えていた関西では「腹を割って話をしようや」という意味から腹開きになったと言われています。

 

鰻と穴子の違い

穴子の箱寿司

土用丑の日に食べる鰻と初夏に旬を迎える穴子。見た目や食感はそっくりですが、穴子の栄養価は鰻に負けないくらい高いのです。

脳や目の働きに必要なDHAや中性脂肪を減らす効果が期待出来るEPA、ビタミンA・E・Dなどが多く含まれています。また、脂質が穴子の倍以上ある鰻はこってりとした味わいなのに対し、穴子はあっさりした味わいが特徴です。鰻よりもカロリーが低く高タンパクなので、最近ではヘルシーで美味しい食材として女性にも人気があります。

鰻は蒲焼きやお寿司で頂くのに対し、穴子は刺し身や天ぷら、煮もの、蒸し、焼きと調理のバリエーションが豊富なのも大きな違いと言えます。

 

すし一の蒸し穴子は、ディナータイムだけでなくランチタイムでもお楽しみ頂けます。他の魚では出せないふんわりとした食感で穴子の旨みをダイレクトに感じる事の出来る蒸し穴子はまさに絶品です。

その他にも、人気の上寿司セットや鰻のひつまぶしなど贅沢なメニューをご用意しております。個室やカウンター席も完備しておりますので、お友達とのランチや接待などに是非ご利用下さい。

コメントは受け付けていません。