懐石料理と会席料理の違い

日本独特の料理様式「かいせき料理」。日本料理には、同じかいせき料理でも「懐石料理」と「会席料理」の2種類があります。こちらでは、この2つの「かいせき料理」の違いについてご紹介します。

 

お茶を楽しむための「懐石料理」

穴子のあて

茶道の要素を取り入れた料理様式で、会席料理と区別するために「茶懐石」とも言われています。茶を美味しく味わうのに差し支えのない程度の軽食で、季節性を重んじて旬の素材にこだわっているのが特徴です。

懐石料理は温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに頂けるよう料理を出すタイミングがしっかり計算されています。

ちなみに「懐石」という言葉は、エアコンやストーブが無い時代に修行僧が空腹と寒さをしのぐため、温めた石を懐に入れていた事から由来しています。また、来客時せめてものおもてなしとしてお客様が帰りの道中寒くならないように、修行僧が懐で温めておいた石を提供した「おもてなしの心」を表したという説も有力と考えられています。

 

お酒を楽しむための「会席料理」

会席

日本料理の原点と言われる本膳料理を簡略化した料理形式です。

お酒を中心とした宴席料理で、基本的には一汁三菜(お吸い物、刺し身、焼き物、煮物)が順に出てきて、最後にご飯物や汁物が出されます。

もともとは句会の後に料亭などで楽しむ料理であった事の名残りからか、現代でも接待などは料亭の会席料理で行われる場合が多いです。
結婚披露宴や酒の席を楽しむための料理なので、特別に厳しいマナーはないのですが、汁物は右、ご飯は左というように所々で本膳料理の面影が見られます。

 

姫路市内で素材の味を活かした美味しい会席料理や高級寿司を楽しむなら、姫路市坂元町のすし一へお越し下さい。すし一では本物の素材にこだわり、瀬戸内海の魚を中心に国産の厳選された材料を使用しています。すし一名物の穴子寿司は希少な国産穴子を蒸して使用しており、ランチタイムには人気の穴子丼や鰻重、寿司セットなどメニューも豊富にご用意しております。姫路でいつもと違う贅沢なランチを楽しんでみませんか?

コメントを残す